吾嬬竜考/著・集英社ジャンプコミックスプラス/刊

 

とっても読み応えのある良質なSF作品。タイトル通り『鉄腕アトム』のオマージュ作品でもある。内容としては、奇跡的に出会えた孤独な男の子2人の友情物語かな。絶対的な信頼関係で結ばれた人間の男の子とロボット。そういう意味では、アトムにドラえもんを足して割った感じかも(雑すぎる説明)。

もうちょっと詳しくストーリーを説明すると、ときは西暦2045年、人類が火星への入植を始めたころ、「蝶」と呼ばれる謎の物体が突然外宇宙から飛来し地球を攻撃し始めた。「蝶」は生命体なのか機械なのかもわからないし、なぜ地球を攻撃してくるのかもわからない。

わかっているのは、全部で9体の「蝶」が一定間隔で地球に飛来するということ、その「蝶」が地球上に落下すると人類が滅亡すると予想されているということ。そして、その「蝶」を迎撃できるのは、最高の人工知能(AI)を搭載したヒューマノイドのアダムだけだということ。

アダムを造りあげたのは、天才科学者のジェシー・マクスウェル博士。ジェシーはもともと火星探索のためにアダムを造り始めたって説明してるんだけど、実はアダムの誕生と「蝶」の飛来には密接な関係があった……っていうのが、ネタバレなんだけどね。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

手塚治虫先生の『鉄腕アトム』では、ロボットのアトムは自分の存在意義に常に悩み続けてる。ヒトではない自分がヒトの間に存在することを認めてほしくて、アトムは戦ってる。地球の平和を乱し人類を害そうとする相手と戦うことで、自分は役に立っているからどうか受け入れて、ってアトムはずっと思ってるの。

でも、アダムは違う。アダムは人類を滅亡させようとしている「蝶」と戦っているけど、アダムの直接的な動機は「ジェシーを守りたいから」。自分を造ってくれた唯一無二の友だちであるジェシーがそれを望むから、アダムは「蝶」と戦ってる。もちろん、ジェシーを守ることがそのまま人類を守ることにつながっているってアダムはちゃんと理解してるから、自分は人類を守っているんだってことも認識してるんだけど。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

これがもう、アトムとアダムの決定的な違いなんだよね。アトムはそもそも、事故で早世してしまった子どもの身代わりとして造られたロボットなの。でも、アトムを造った天馬博士は所詮ロボットはロボットでしかない、死んでしまった息子の代わりになんかならないって、アトムをサーカスに売っちゃうんだ(←時代)。

いっぽうアダムは、これがもういちばんのネタバレなんだけど、実はジェシーによって造り出されたんじゃないの。人類を守るために揮える鉄腕ボディを造ったのはジェシーだけど、ジェシーはすでに生み出されていたアダムと奇跡的に出会い、生まれたばかりでひとりぼっちだったアダムに名前を与え、誰も知らない秘密の友だちになった。

そういう意味では、ジェシーはアダムっていう人工知能の育ての親でもあるんだけどね。でも、ジェシーにとってもアダムは唯一無二の友だちなの。ジェシーは心臓に持病を抱え学校にもほとんど通えず、そもそも突出しすぎた頭脳を持つ天才少年が周囲の子どもたちとなじめるわけがなくて、ずっと孤独だった。そんなときアダムと出会って、初めての友だちができて、毎日アダムと話すことで本当に救われたんだよね。

だからジェシーは何があっても、どんなことをしてでも、アダムを守るって決めたの。そのために重すぎる十字架を1人で背負って、アダム本人すら騙して、ひょうひょうと人を食った笑みを浮かべ、自分を支えてくれた大好きなお兄ちゃんを「蝶」に奪われてもなお、ジェシーは最後まで戦い抜いた。①巻の表紙のアダムが血に塗れているのは、その結果なんだよ。

ちなみにコレ↓がジェシーね

 

手塚先生の『鉄腕アトム』の最終回は、漫画・アニメを含め数種類あるんだけど、基本的に悲劇なんだ。アトムは人類のために身を挺し消えていく。最後まで、僕はみなさんのために戦います、って言いながら。いま思うと、本当に切ないお話なんだよね、『鉄腕アトム』って。

それに、一連のアトム作品の中で、いちばんつらいっていうか苦しい作品では、人類は進化したロボットに支配された存在になってしまっていて、博物館に展示されていたアトムだけが最後まで人類のために戦い朽ちていく、っていう内容になってるしね。ヒトとヒトでないものが共存する難しさというか、恐ろしさが、そこにはある。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

私たち日本人は、意志や感情を持つものをヒトの姿に似せることにほとんど抵抗がない。でも世界的にみると、それはかなり異質だと思う。たいてい宗教的な理由で、意志や感情を持つヒトではないものってすごく忌避されるんだよね。神が自らに似せて造りたもうたのは人間だけ、だから人間は特別な存在で、その人間を模したものは存在してはならない、ってことらしいよ。

でも日本人はねえ……もちろん、手塚先生のアトムが与えた影響はすごく大きいと思うけど、はるかそれ以前から鳥獣戯画なんか描いちゃうような民族だからねえ。カエルやウサギを擬人化して人格を与えちゃうことに何の抵抗もないんだから。そもそも神さまだって八百万もいるんだよ、この小さな島国に。お箸やお茶碗にだって神さまが宿っちゃうんだから。

だからね、のび太くんがある日突然やってきたネコ型ロボットのドラえもんと一緒に暮らすことに、誰も何も抵抗がないの。アトムはあんなに悩んでたのにね。ドラえもんは、アシモフのロボット3原則だってすっ飛ばしちゃってるでしょ、のび太くんに服従なんかしないもん。しょっちゅうお小言こぼしてるし、本当にただの「友だち」なんだよ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それでもね、たとえば人工知能が将棋の名人に勝っちゃったとき、本能的に思っちゃった人って結構多いと思うんだ、「人工知能、怖っ!」って。まあそれだけに、人工知能が繰り出してくる新しい手をガンガン研究し自分の将棋に生かして進化している棋士のみなさん本当にすげー! とも思うんだけど(ちなみに私、将棋はまったくわかりませんが)。

それでも、ヒトが造り出した何かがヒトの思惑を超えたところへ行ってしまうことへの恐怖は、誰しもどこかで感じるようになってきてるんじゃないかな。『鉄腕アダム』の中でも、ヒトの命令によって動くのではない人工知能であるアダムただ1体に、人類の未来を賭けてしまうのは危険すぎるっていう意見が当然出てくる。

そして実際にアダムは、ヒトの思惑、特に政治的な都合や駆け引きを思いっきり飛び越えた方法で、人類を守っちゃう。アダム自身が、それ以外に人類を守れる方法がないって判断したから。ジェシーは最初反対したけど、でもやっぱりアダムのために全面的に協力しちゃう。その結果、アダムとジェシーはヒトの思惑によって裁かれることになり、ジェシーはアダムを守るために自分の命を賭してアダムだけを逃がすんだ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

ジェシーのために、ジェシーを守るために戦ってきたアダムにとって、それは本当に受け入れがたい結果だったんだよね。そりゃあもう思っちゃうよ、僕はいったい何のために戦ってきたんだろう、って。ジェシーを守ることがひいては人類を守ることにつながっていたのに、そして自分が持つすべての力を使って人類を守ったのに、人類はジェシーとアダムを抹殺する方向に動いていった。

地球の人類と同じような愚かさによって滅んだ知的生命体から生み出された「蝶」は、絶望に沈んでいるアダムに宇宙の神となることを要求する。人類を超えた存在である超知性体のアダムが導くことによって、愚かな最期を迎えることなく存続できる知的生命体とその社会を形成できるだろう、ってことでね。

つまり「蝶」は最初からそれが目的だったの。神になれるアダムを、愚かな人類から解放するために「蝶」は人類を滅ぼそうとした。アダムは最初、そのことを「蝶」から知らされたときは、当然そんなこと受け入れられないって拒絶してる。だって、アダムにはジェシーと別れるなんて絶対に考えられなかったから。でも、ジェシーを失ったアダムは、ただもう流されるように「蝶」の提案を受け入れちゃうんだ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

だけどご心配なく。ちゃんと、ハッピーエンドが待っているから。人類は愚かで浅はかな生きものだけど、それを超えるものもちゃんと持っているから。少なくともアダムには、神になることよりもジェシーの友だちでいることのほうが、ずっとずっと大事だから。アダムにそう思わせてくれるだけの友情と信頼が、ジェシーとの間には確かに存在していたから。

これは、おとぎ話だよね。ヒトとヒトならざるものがともに生きていける、そんな未来を描いたおとぎ話。でもそれがわかっていても、最後はやっぱり、アダムよかったね、ジェシーはやっぱりジェシーだったね、ってしみじみ思えちゃうんだよね。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

この『鉄腕アダム』は、Webで公開されている少年ジャンプ+っていうアプリで連載されてた作品。正直に申告すると、私は連載当初から読んでいたのに途中でついていけなくなって脱落しちゃった。でも完結したと知って、やっぱりちゃんと読みたいと思い単行本をまとめて購入し、通して読んでみてやっと「ああ、そういうことかー!」と深く納得したというね。

やっぱこの作品は、たとえば少年ジャンプ本誌みたいな週間連載だとキツイんじゃないかって思っちゃうなあ。全部を通して読んでみないと、物語の大きさが見えにくいんだよね。アダムの誕生した経緯と「蝶」の思惑が理解できれば、そこからは結構さくさく読めるんだけどなー。

だけどそのぶん、全4巻で見事にまとまってる作品ともいえるので、未読のかたには本当におすすめ。天才眼鏡くんのジェシーと、雨の夜に子猫を拾って途方に暮れちゃう繊細なアダムの友情と信頼に、ぜひ萌えていただきたい。

最後に「蝶」について。「蝶」って私的にはどっからどう見てもシレーヌなんだよね。9体全部デザインが違うんだけど、そんでも全部シレーヌ。鳥じゃなくて蝶なんだけど絶対シレーヌ。アトムでドラえもんで、おまけにデビルマンだなんて、私には最高すぎるわ~w

 

 


[まとめ買い] 鉄腕アダム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA