辻村七子/著・集英社オレンジ文庫/刊

 

その輝くばかりの美貌のおかげで周囲から誤解されまくって生きてきた宝石商・リチャードと、いつまでたってもリチャードの美貌を褒め称え続けるうっかり野郎の大学生・中田正義のお話第4集。

あー、うーん、こうきたか。まあ、こうだよね。これが正義っちゃあ正義だよね。一部期待されていた読者のみなさんにはちょっとアレなのかもしれないけど、正義本人もかなり混乱して自分で変なトコへ走っていっちゃいそうな勢いだった状態から、我に返って得た正直この上ない答えがこれだったんだから。

私も第3集の感想で、正義のリチャードに対する感情について「単なる感謝や尊敬や一通りの好意だけではないもっと親しく細やかなその感情に、つける名前がわからなかった」って書いたけど、正義はとうとう名前をつけたよ。「じゃあもう愛でいいです」って。うん、もういいよ、これは愛で。グッフォーユー。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

で、この辺からネタバレしまくりなんだけども。

とりあえずすげーよ、正義。推定四百五十億円のダイヤモンドを力いっぱい投げつけちゃうんだもんなあ。もちろん、破壊目的で。いや、ダイヤではなかったんだけど、ダイヤでは。

この第4集まで読んできたから、わかるんだよね。正義はただ、自分にとって「本当」のことをしただけなんだって。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それがまったく正しくないってことも、万人が間違ってると言うだろうってことも、全部わかってる。わかってはいるんだけど、正義にとって「本当」なのは、大好きで誰よりも大切なリチャードを呪いから解放してあげるために、自分にできることはそれだけだっていう事実のみ。

リチャードを苦しめ続ける「呪い」のもとになっちゃってるダイヤモンドを壊してしまえばいい。その結果、自分が罪に問われて殺されちゃっても、一生監獄で暮らしても、絶対に払いきれない借金を背負わされても構わない。

その覚悟を決めて、正義はダイヤモンドを投げつけた。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

馬鹿だよ、馬鹿。本物の大馬鹿野郎。だからリチャードもついに諦めがついたっていうか、覚悟を決めたっていうか。この無謀な大馬鹿野郎にはどうあっても自分がリードをつけてやらなければ、って。

正義がいつも垂れ流しにしてくるのと同じように、自分も剥き出しの好意を正義に垂れ流しまくって、あなたが好きだあなたは可愛いあなたのことが誰よりも大事だ、だから私は何よりもまずあなたに幸せになってもらいたんだ、って言い続けなければ、この信じられないほどのお人よしでどうしようもない大馬鹿野郎はいつか己の身を滅ぼしてしまう、って。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

実のところ容姿端麗頭脳明晰誰が見ても全方位完璧な美貌の凄腕宝石商リチャードさんは、生来馬鹿がつくほどのお人よしでおせっかいやきだったのね。困ってる人を見過ごせなくて、常に自分ができる最大限のことをしてあげようとしちゃうっていう性格だったという。

ところがその自分ができることのレベルがあまりに高すぎる上に、あまりにも美しすぎるその容姿。おかげで純粋な親切が誤解されまくって、ややこしいことになること多数っていう人生になっちゃった。

だからたぶん、二十歳になる前にはすっかり途方に暮れてたんだろうね。自分が当たり前のことだと思って起こした行動も口にした言葉も、どうやらほかの人たちにとっては当たり前ではないらしい。しかもこの見た目のせいで誤解されてしまうなら、自分はいったいどうすればいいんだろう、って。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それでもさすがに自分を育ててくれた伯父さん一家、つまり家族との間にはそういう誤解もなく、大好きないとこのお兄ちゃんたちとたっぷりじゃれあって暮らしてた。大学院に入ったときには、途方に暮れてる自分を馬鹿みたいと一笑に付してくれた人と出会い、生涯をともにする、はずだった。

ところがその両方が、ある日突然失われてしまったんだ。自分のあずかり知らぬところで降って湧いた、しかも自分の力ではどうしようもない「呪い」としか言えないような、とんでもない状況にたたき落とされて。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

まあ、それでやさぐれるなって言うほうが無理だよねえ。やさぐれて流れ着いたスリランカで師匠に拾われ、ようやく宝石商として身を立てたリチャードさん。ところが新店舗をオープンした日本の銀座で、上には上がいる、ことを思い知らされちゃう。

ええもう、自分よりもさらにお人よしのおせっかいやきで困っている人がいれば無謀としか言えない暴走っぷりでその手を差し伸べ続ける、もはや呆れるしかない大馬鹿野郎がいたんだよねえ。

自分になつきまくるその大馬鹿野郎が、リチャードはなんかもういたたまれなくてたまらないのに、同時に可愛くて可愛くてしょうがなくなっちゃった。だからそっと置き去りにしたんだよね。もしこの可愛いすぎる生きものまで奪われてしまったら、自分はもう二度と立ち上がれなくなるだろうって怯えてしまうほどに、リチャードの傷は深かったから。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

結局、正義のあまりの馬鹿さ加減と、自分にとっての「本当」に対してだけ突っ走るあり得ないほどの無謀さが、最終的に勝利しちゃったってワケなんだけど。

その結果が、ボーナストラック的掌編『バイカラー・トルマリンの戯れ』にこれでもかって描かれてるので、とことん堪能しましょうね。てか、お前ら、いちゃつき過ぎだ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

しかし今回は、谷本さんがいい仕事してくれたなあ。恋に浮かれてはしゃいでるだけだった正義が、とうとう耐えきれずにリチャードのことをあらいざらいぶちまけちゃったから、谷本さん的に安心できたっていうのもあっただろうけど、ちゃんと正義くんのことが大好きで大切な友だちだからって言ってくれて。

正義、これももう愛でいいじゃん、愛で。ちゃんと言えたじゃん、谷本さんに面と向かって好きだって。そりゃ確かに、浮かれまくる恋の好きじゃなかったけど、でもその「好き」にも嘘はないでしょ、嘘は。

それにたぶん谷本さんって、恋っていう相手がなければ成り立たない感情をことさらに特別扱いして、自分の中で飾り立てたその感情自体をあがめ奉っちゃうっていう、相手の人間性を無視してるとしか思えない振る舞いがどうにも受け入れられなくて、自分は恋ができないんだって言ってるんだと思うよ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

そんでもって、最初に通り一遍読んだときはよくわからなかったんだけど、2回読んでみて、なんて言うかもうたまらなかったのは、ジェフリーの痛々しさだったわ。

彼はホンットに好きなんだよね、可愛い可愛い弟分のリチャードくんが。でもね、誰よりも一番長く、一番傍にいて、誰よりもリチャードのことがわかっていたからこそ、だんだん辛くなってきちゃってたんだよね。見た目も中身もどこをとっても完璧すぎる弟分の存在が。

もしあの遺産開示のとき、リチャードが打ちひしがれてジェフリーのところへやってきて、どうしようお兄ちゃん、僕どうすればいいんだろう、って、ただそれだけ言ってくれてれば、ジェフリーは何を失っても誰を敵に回しても、可愛い可愛いリチャードを必死に守り続けただろうに。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

でも完璧すぎて周りに自分の弱みを見せることがどうにも下手クソなリチャードくんは、それができなかった。逆に、ジェフリーの本当のお兄ちゃんであるヘンリーはその重みに耐えられず、早々に壊れちゃった。

たぶんこれ、クレイモント伯爵家直系の血筋なんでしょう。お人よしでおせっかいやきで誰かに手を差し伸べたくてたまらないのに、立場だなんだかんだに絡め取られちゃった挙げ句、さんざんこじらせちゃうってのが。

自分をちっとも頼ってくれない完璧すぎる弟分と、自分の手助けがなければもはや生きてることすら危ういだろうっていうお兄ちゃんを自分の秤に載せちゃったジェフリーは、どっかでやっぱリチャードに対する可愛さ余って、の感情があったんだと思う。

だからつい、やっちゃった。リチャードに対して、絶対に絶対にやってはいけないことを。リチャードが好きでたまらないジェフリーだからこそわかってしまう、リチャードにとって最大のダメージになる方法で。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

それ以来ずーっとジェフリーは、リチャードに許してもらいたい自分と、許してもらってはいけない自分との間を、何度も何度も揺れ続けてきたんだよねえ。そのくせジェフリーってば変に見栄っ張りだから、チャラ男のふりして自分自身すら必死に誤魔化そうとしちゃってさ。ああもう、痛い、痛すぎる。

なんかボストンに恋人がいるとか言ってたけど、ホントかよジェフリー。どうか幸せになってもらいたいもんだわ。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

さて、すべて結果オーライでお互い心置きなく褒め殺しあいが行える仲になったリチャードと正義は、これからどうなっていくんだろう。

リチャードが銀座の『エトランジェ』に戻ってきて、正義がまた彼のもとでバイトをして、そのスタイルは同じでも、中身はだーいぶ変わってきたからね。それはもう、リチャードも、正義も、それぞれが。とりあえずまたさくっと、第5集『祝福のペリドット』へと進もうかな。というワケで、感想はこちらからどうぞ。

【小説感想】宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

シリーズ既刊感想一覧

コミック版は電書にも特典もりもり( ✧Д✧) カッ!!



宝石商リチャード氏の謎鑑定 1巻 (ZERO-SUMコミックス)

 

10巻発売!2020年6月19日です!
限定版は予約必須!


アニメのBlu-ray・DVDもあるよ♪

宝石商リチャード氏の謎鑑定 Blu-ray 第1巻

 

★『宝石商リチャード氏の謎鑑定』が好きすぎて、既刊9冊全て1冊ずつ感想を、それぞれ4000字以上書くという暴挙に飽き足らず、『宝石商リチャード氏の謎鑑定』が好きな人ならきっと好きだろうと思ったおすすめ漫画作品をまとめてしまいました(;^^)ヘ..

いずれも、なんらか特殊な事情を持つ相手を、当たり前に人として尊重し大切に付き合っていく誰かの話、っていう感じです。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』が好きな人におすすめの漫画①


こちらはBL系。でも基本的にエロなし。1巻完結が2作品と、連載が始まったばかりでまだ1巻しか出てない作品1つ。

『宝石商リチャード氏の謎鑑定』が好きな人におすすめの漫画②


こちらはBLじゃない系。青年漫画、ファンタジー、少女漫画と、まあ節操ナシというか。最大3巻までで、読みやすい作品ばかりだと思います。


宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)


宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA